カイゴのシゴト

高知県 介護人材 応援サイト

介護の現場最前線

自分を成長させる環境がここにあった!

2019.03.18

現在介護職員として、県内で頑張っている先輩職員の方へインタビューを行いました。

三人目は社会福祉法人CIJ福祉会で働く「中村江里」さんです。

 

1,介護職を目指すきっかけは何ですか?

前職ではスーパーで働いていましたが、常連さんに「介護の仕事をしてみたら?」と言われたことがきっかけで、もともと福祉の仕事に興味があったこともあり、チャレンジしてみました。その当時県が実施していた制度を活用して、最初はボランティアとして今の職場を手伝うようになり、気づいたらこの仕事が楽しくなって転職することになりました。

 

 2,入職前と後で、介護の仕事(職場)のイメージは変わりましたか?

変わりました。最初は私も「3K」と言われるイメージを持っていて、自分にできるか不安もありましたし、利用者さんは皆さん車椅子で、普段の生活とのギャップに圧倒されました。でも、利用者さんの気持ちや体調を理解していくうちに、同じケアはない、毎日違うんだと考え、最善のケアを見つけていくことにやりがいを感じています。

今では職場の環境改善にも取り組んでおり、職員が働きやすい職場になるようまずは自らが率先して動くようにしています。

3,前の職場と比べて良くなったところは何ですか?

今の職場には「アニバーサリー休暇」などの特別休暇も多くあり、休みを取りやすい環境です。また、給与や福利厚生も充実していて、毎日イキイキと働くことができています。

 

4,これから介護職を目指す方にメッセージがあればお願いします

まずは、悩んでいるなら一歩、介護の仕事に足を踏み入れてみてはどうでしょうか。

昔のようなキツいイメージの職場ではなく、働きやすい環境が整ってきています。

ボランティアや職場体験はもちろん、ハローワークなどで介護の仕事に関するDVDを見てもらえれば、より介護の仕事をイメージできると思います。